Orthodontic Dentistry

立川で矯正歯科を受診する時に役立つ医療業界の常識講座

矯正治療にかかる期間

矯正治療というのは一般の歯科治療とは違って、治療にかなり長い期間がかかります。ただ、治療によって期間が変わってくるので、ここでは目安ではありますが、治療法と治療にかかる期間を紹介します。1、治療前に準備すべきこと。治療前の準備期間にはおよそ1ヶ月~2ヶ月程度かかります。では、その期間は何をするのかというと、まずは、カウンセリングから始まります。
そして、その後に精密検査、診断という流れです。2、治療にかかる期間。治療期間は幅が広くて、およそ半年から4年程度かかります。この期間は、ブラケットやマウスピースを装着してから、装置を使わなくなるまでの期間のことをいいます。マウスピースに関しては、毎日装着しますが、2週間に1回もしくは月に1回程度通院をして新しいマウスピースと交換します。
3、治療法別の治療期間。一般的な治療法である表側ブラケット矯正は1年~3年程度裏側ブラケット矯正を行います。1年半から4年程度歯の裏側にブラケットを付ける矯正方法で、目立たないことがメリットですが、表側矯正よりも期間が長くなるというのが特徴です。マウスピース矯正は1年から3年程度で現在の歯並びから、矯正後の歯並びの変化をコンピュータでシミュレーションしていきます。部分矯正は半年から1年程度部分的に矯正していくので、比較的短期間での矯正が可能です。

article list