Orthodontic Dentistry

立川で矯正歯科を受診する時に役立つ医療業界の常識講座

うけ口の矯正

下の顎が大きく幼少から顎ばかりが発達する、(うけぐち)父親の私は典型的なうけ口です。幼少の頃、まだ矯正歯科もあまりありませんでした。私の場合は高額な矯正費用の為に親があきらめましたが、私の娘に見事に遺伝、娘の歯が生えてくるころに、あれ?もしかしてと思い、矯正歯科に連れていきました。やっぱり私の顎の遺伝で(うけぐち)でした。私は男でしたので、成長期には多少の悩みもあったものの何とか乗り越えてくることができました。
しかし娘は女ですので、私の場合より苦労するのは想像できます。すぐさま、矯正歯科の先生に治療をお願いいたしました。簡単に治療といってもすぐに治るわけもなく、何十万単位のお金が何回もかかります。治療も期間も幼稚園から小学生5年生までかかりました。装具つけてる期間は娘も暗い性格になり、あまり友達付き合いもなく、想像してたより大変な矯正期間でした。
小学生の高学年になると歯並びも普通になり、装具を外れて、小学校での生活も活発になり、友達も沢山できてきました。一言に歯を矯正するといっても、装具は外から見えます、本人が一番気にしますので、親も子も覚悟をもって治療しましょう。もちろん同時に高い矯正費用もかかります。 娘も今では高校生、すっかり当時のことは忘れています。結果は良かったと思っています。

article list